【コロナとのつきあい方滋賀プランに基づく対応】滋賀県の「近隣府県における緊急事態宣言を踏まえた対応(令和3年2月7日まで)」(令和3年1月13日要請)に基づき

「緊急事態宣言対象地域(県外)から滋賀県への不要不急の往来を控えること」が求められているため、状況により緊急事態宣言対象地域(県外)からのイベントの参加をお断りする場合がございます。ご了承ください。*滋賀県HPはこちら

【WITHコロナ期におけるイベント参加についてのお願い】2020年8月1日以降~

*「長浜市におけるイベント開催時の防止対策」に基づき、イベントに参加される際には、以下の点にご協力をお願いいたします。

・非接触型赤外線体温計により、受付時に検温の徹底をさせていただきます。

・屋内イベントにおいては会場施設の喚起及び消毒消毒用エタノール(センター設置)の使用・マスクの着用にご協力をお願いいたします。

・イベント参加前に、国提供の接触型確認アプリ「COCOA」又は県提供のLINE感染防システム「もしサポ」の事前インストールをお願いいたします。

・発熱のある方、体調のすぐれない方は参加をご遠慮ください。


【ながはま森林マッチングセンター講演会】森とともによく生きる~森から考えるウェルビーイング(参加無料)

 ウェルビーイングとは、心も身体も社会も「よい状態」である ことを指します。近代合理主義の進展により現代では人間社会が 森林や自然から離れていきました。

しかし、コロナウイルスの影響を受け、働き方・暮らし方が変わる中、森林をはじめ自然との関わりやウェルビーイングな生き方が求められています。

 講師には「あたらしい森林浴」を提唱し、森を活用した健康・人材育成プログラムに取り組む小野なぎささんをお迎えし、緑を楽しみながらヘルスケアに取り組める「予防医療」、創造力や感性を高める「人材育成」の観点からお話しいただきます。後半は森から考えるウェルビーイングをテーマにトークセッションを行います。森と

ともによく生きることを一緒に考える時間を過ごしてみませんか。

●日時:2021年3月21日(日)13:30~16:30(13:00開場)

●場所:木之本スティックホール(長浜市木之本町木之本1757-6)

●定員:150名(先着順)※事前お申込み

【小野なぎさ氏講演】新しい森林浴ー事例から学ぶその効果と活用方法ー

【トークセッション】森から考えるウェルビーイング~コーディネーター:橋本勘(ながはま森林マッチングセンター)

●お申込み・お問い合わせ:ながはま森林マッチングセンター(長浜市木之本町木之本1757-2)

 TEL0749-82-5070/FAX0749-82-5080/Mail nagahama-forest@eos.ocn.ne.jp


●講師:小野なぎさ氏~東京都生まれ。東京農業大学 森林総合科学科卒。卒業後は、企業のメンタルヘルス支援の会社にて森林を活用した研修プログラムの開発、その後、健康リゾートホテル事業、海外のメンタルヘルス事業の立ち上げを経験。これまで15 年間で述べ2,000人を森へ案内、地域と連携し森林資源を活用した観光プランづくり、企業研修、人材育成を実施し、執筆や講演活動を行う。著書に『あたらしい森林浴』学芸出版社


*下記のメールフォームからお申込みください。携帯電話番号・メールアドレスは開催日前・当日にご連絡をする場合がありますので、連絡が取れるものを入力して下さい。

(お客様の携帯電話のメールアドレスの設定によっては、私共からのメール〈パソコンから送信〉が受信できない場合も見受けられます。)

*入力いただきました個人情報等のデータは、イベント当日の連絡に使用するほか、今後のイベント運営向上のためのデータ(DM発送を含む)としてのみ利用をいたします。


メモ: * は入力必須項目です

ダウンロード
20210321講演会チラシ.pdf
PDFファイル 1.1 MB