お陰様で作業人数が確保できましたので受け付けは終了させていただきます。(1月15日)

 

ながはま森林マッチングセンターでは「魅力ある資源の発掘・利活用促進事業」の一環として、地域に自生するカエデの樹液からメープルシロップを作る取り組みを行っています。カエデの樹液が出るのは当地域では1月下旬から2月いっぱいまでのため、この時期に合わせて毎年メンバーを募集してメープル部会として活動をしています。

 

定期的に森に入って、カエデの樹液採取をおこないながら、人と森との関係について一緒に考える活動です。
参加希望される方は下記のフォームよりお申込みください。フィールドは長浜市西浅井町です。詳細はお申込み後にご連絡します。申し込み多数の場合は調整をいたしますのでご了承ください。

 

1/20(木)9:30~13:00 タンク設置
1/26(水)9:30~12:00 樹液採取
2/2(水)9:30~12:00 樹液採取
2/9(水)9:30~12:00 樹液採取
2/16(水)9:30~12:00 樹液採取
2/23(水)9:30~12:00 樹液採取

持ち物:飲み物、汗拭きタオル
服装:脱ぎ着のできるあたたかい服装、雪で濡れてもよい靴(できればスノーブーツ、長靴はスノーシューが脱げやすいため△)、あればゲイター、スノーシュー(スノーシューは貸し出しもできます)