カテゴリ:グリーンウッドワーク



週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編②
2022年度記事 · 2022/08/01
2022年7月31日(日)週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編②を実施しました。効率的に木を削るためのスウェーデン式ナイフワークを学び、「お箸と箸置き」を作りました。

森びと養成講座グリーンウッドワーク編①斧と生木
2022年度記事 · 2022/06/26
2022年6月26日(日)森びと養成講座グリーンウッドワーク編①「木工を通して、森を知り、地域を知る」を合歓の里で開催しました。

はじめてのグリーンウッドワーク①馬と一緒にスプーンづくり
2022年度記事 · 2022/05/17
2022年5月15日(日)はじめてのグリーンウッドワーク馬と一緒にスプーンづくりを開催しました。

森びと養成講座グリーンウッドワーク編~木工を通して、森を知り、地域を知る~商品づくり2days
2021年度記事 · 2021/11/14
森を知り、地域を知り、商品を作ってみる2days。金居原地区の歴史と森について学び、金居原材による木工作品の商品化を目指します。実際にオンラインショップを開設~出品するステップまでを日間かけておこないます。

【森びと養成講座】グリーンウッドワーク編ミズナラ、ネムノキ、ヒノキ?金居原の木を活かしたククサづくり
2021年度記事 · 2021/10/31
ミズナラ、ネムノキ、ヒノキ?金居原の木を活かしたククサづくり。ククサは北欧ラップランド地方に住む、サーミ人に伝わる木のカップです。本場では、白樺のこぶをくりぬいて作られますが、今回は土倉鉱山周辺の木から作ります。

森びと養成講座グリーンウッドワーク編③のみとちょうなでコツコツと・・・アイヌの木の器づくり
2021年度記事 · 2021/09/26
北海道の先住民族アイヌは伝統的に生木で木工をしてきました。その一つがニマと呼ばれる船の形に似た器で、植物を入れたり、お盆、小物入れなどに使われます。新たな道具「ちょうな」や「丸のみ」にも挑戦して、暮らしに彩をそえるニマをつくります。

はじめてのグリーンウッドワーク「馬と一緒にスプーンづくり」
2021年度記事 · 2021/09/19
2021年9月19日(日)グリーンウッドワーク案内人隅田あおいさんを講師に迎え、グリーンウッド(生木)をスプーンに加工するワークショップを開催しました。場所は、隅田さんが2頭の馬(しらほし姫とクレハ)を飼育している西浅井町黒山で、馬を見ながらスプーンづくりを体験していただきました。

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編②あじわいたっぷりマイスプーンづくり
2021年度記事 · 2021/08/29
2021年8月29日(日)週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編②あじわいたっぷりマイスプーンづくりを開催しました。グリーンウッドワークの代名詞ともいえるスプーンづくり。丸太の玉切りから斧で割ったり、はつったりして形をつくります。お箸づくりで学んだナイフワークを駆使しつつ、さじ面を削る特殊なナイフ「フックナイフ」のコツもお伝えします。

週末森びと養成講座グリーンウッドワーク編初めてのグリーンウッドワーク森に入って木を伐り、お箸づくり
2021年度記事 · 2021/07/25
かつて鉱山と林業で栄えた金居原地区の森林に入り、森の様子をつかって、お箸を切りだします。スウェーデンでまとめられた、木を彫るためのナイフワークを実践的に学びながら、使いやすいお箸をつくります。

はじめてのグリーンウッドワークスプーンづくり体験
2021年度記事 · 2021/07/03
自分だけのスプーンを作る喜びを・・・生木(グリーンウッド)を使って手作業で暮らしの道具を作るグリーンウッドワーク。

さらに表示する